「何もできない」だなんて言わせない

クエスト > アーティファクト > からくり士AF > 「何もできない」だなんて言わせない

からくり士アーティファクト連続クエスト3 この見出しを編集

依頼者イルキワラキ (Iruki-Waraki) / アトルガン白門・礼拝場 K-9
依頼内容答えを失ってしまったイルキワラキ。
イルキワラキの師匠ならば
答えを出せるかもしれない。
報酬(rare exパペトリタージ [頭] 防15 HP+10 DEX+3 MND+3 オートマトン:ヒーリングHP+3 ヒーリングMP+3 Lv60〜 か
発生条件キモいから名前で呼ぶな」クリア後にからくり士で話しかける
称号痛快なる大からくり士
前回キモいから名前で呼ぶな

攻略 この見出しを編集

  1. アトルガン白門(K-9)2階にいるIruki-Warakiに話しかけるとイベント。
    以降はメインジョブがからくり士で無くとも進行可能。
  2. バストゥーク商業区噴水前(F-9)にいるShamarhaanに話しかけるとイベント、バルキーンの記憶板を入手。
  3. ゼオルム火山(L-8)のほぼ中央のマンホールみたいな場所にある???を調べてトグルスイッチを入手。
  4. ナシュモの西側などからカダーバの浮沼に出て、(E-9)からタラッカ入江へ。*1
  5. 中に入ったら向かって左側の通路を進み、洞窟内にあるRock Slabを調べてBF戦に突入してNMを倒す。
  6. Shamarhaanに話しかけるとイベント。
  7. Iruki-Warakiに話しかけるとイベント。
  8. ナシュモ(H-9)にいるSajhraに話しかけるとイベント。
  9. Iruki-Warakiに話しかけるとイベント、終了となる。

BF戦について この見出しを編集

マップタラッカ入り江
制限Lv無制限
制限時間30分
経験値ロスト有り
人数最大人数6人
勝利条件Valkengの撃破
敗北条件パーティーの全滅
  • 敵はこちらの攻撃に合わせて耐性と攻撃パターンを変化させる。
    最も多用した攻撃(近接、遠隔、魔法のうちダメージの比率が高いもの)に耐性を持つようになり、その攻撃と同じ攻撃をする。
    ちなみに攻撃開始してから少し削っただけで変化する。
  • 強化状態はアナウンスが流れ、敵のHPが減るほど敵は強化される。
    特性を下に記すが、近距離モードが最も安全。
    なので通常攻撃で削れるだけ削る → ダメージがほとんど通らなくなったら精霊魔法で押し切る といった戦略が一般的のようだ。

近距離モード - ホワイトキャンサー この見出しを編集

  • 使用技:シールドバッシュ(蝉貫通:通常回避可能) / キメラリパー(TP技) / ストリングクリッパー(TP技 二回攻撃)
  • 攻撃速度がだんだんと加速して行き、最終的には短剣並みの速度になる。
    また、TP技が複数回攻撃のため空蝉は消されやすい。
    75忍でも下手をすると死に至るが、難易度的にはこの形態に固定するのが一番楽。
  • 敵の回避率はかなり低めなので、Lv75肉食で問題無い。
    命中率もさほど高くは無いので回避装備ならキャップが可能。
 
  • しかしあまりにも堅いので前衛のソロでは厳しい相手。
    回避装備の踊、赤の2人で危なげなく勝てたが回避に自信が無い場合は敵の攻撃速度もあって厳しいかもしれない。
  • 弱体は普通に入るのでスロウは確実にいれておき、その他も余裕があれば忘れずに使っておこう。

遠距離モード - へーゼルサジタリウス この見出しを編集

  • 使用技:アルクバリスタ(TP技)

単純に火力が高い。忍盾ならば回避できるが、蝉を張り間違えると死にかねない。また、ナイトでも回復が充実していないと削り殺される。
遠隔攻撃を中心にしなければこの形態にはならないため、あえて狙わない限りまず見ることは無い。

魔法モード - カーマインスコルピオ この見出しを編集

  • 使用技:各種魔法 スラップスティック(TP技 3回攻撃)

最も危険な形態。だんだんと詠唱速度が加速し、最終的に連続魔を思わせる速度で古代魔法を連射するようになる。
最初から魔法で削り倒そうとするとこの形態になってしまうので注意。


*1 場所がよくわからない場合はマップを参照。


Online:6
Counter: 8150, today: 4, yesterday: 0
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Site admin: Norio
PukiWiki 1.4.7 Copyright (C) 2001-2006 .Powered by PHP 5.1.6. Skin by YEAR OF THE CAT
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.